大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

食育テーマに紙芝居 県、幼児向けに5作品

 子どもたちに食事の大切さを知ってもらおうと、県が幼児向けの紙芝居を作製した。鶏天、だんご汁といった郷土料理や、食中毒を防ぐ手洗いなどをテーマにした計5作品。県内3カ所の保健所で貸し出しており、担当者は「食育のスタートとして楽しく活用してほしい」と期待している。
 県から委託を受けたイベント企画会社の茅嶋工務店ノットファクトリー(大分市)が3作品を担当した。
 このうち「カグラくんとごはんのちから」は、大分に根付く神楽をモチーフにした大蛇(おろち)退治の物語。主人公が空腹で一度は負けてしまうが、だんご汁などを食べ、力を蓄えて再び戦いに臨む―というストーリー。動画共有サイト「ユーチューブ」でも公開している。
 別府大短期大学部食物栄養学科(別府市)の教員と学生は「食事で命をいただくことの意味、栄養バランスの大切さを伝えたい」との願いを込めた「どじょうのジョーくん」を考案。別府溝部学園短期大幼児教育学科(同)は「てあらいせんたいアラウンジャー」を作った。
 紙芝居は東部、豊肥、北部の3保健所に備えている。利用や問い合わせは県食品・生活衛生課(☎097-506-3058)。
※この記事は、4月12日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る