Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

古希の節目エッセー集 ユーモアを交え日常描く 臼杵市の椎原さん

 臼杵市井村の主婦椎原はつ子さん(70)が初めてのエッセー集「ぽんぽこぽんのすっぽんぽん」(四六判、156ページ)を刊行した。年齢を重ねる中で頭をリフレッシュしようと、日常の失敗談や家族への思いをユーモアあふれる筆致で書き下ろした。

 椎原さんは古希を迎え、体力や認知機能の低下を実感。パソコンのゲームで1日4、5時間過ごし、手首にけんしょう炎を発症するなど、暇を持て余していた。昨秋、「おっちょこちょいのお母さんがエッセーを書けば、読む人を和ませるかも」と長女に促され、一念発起したという。
 もともと文章を書くのが好きで、2006年に愛犬との関わりを描いた童話を自費出版。16年にはエッセー全国コンテストで入賞したこともある。
 エッセー集はゲームの時間を執筆に充て10章51編にまとめ上げた。幼少からの半生を振り返った思い出や、結婚生活など家族について、椎原さんの周囲にあふれる日常の風景をつづっている。
 「飾らず、ありのままの自分をさらした。読者にくすりと笑ってもらえればうれしい」
 挿絵はいとこで彫刻家の辛島早苗さん(62)=宇佐市辛島=が担当した。
 3月に出来上がった500部は好評で、千部を増刷した。価格は1200円(税抜き)。臼杵市や大分市の書店に並んでいる。
※この記事は、4月12日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る