大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

いいちこ人気に期待 ふるさと納税額増目指し 返礼品に記念ボトル

 「安心院ワイン」で人気に火が付いた宇佐市のふるさと納税。新たに本格焼酎いいちこの発売40周年記念品を返礼品に加えた。昨年は全国ネットのテレビ番組がワインを取り上げて寄付額が急増。昨年度は2月末時点で、前年度同期比の約2・7倍になった。地場を代表するメーカー三和酒類のブランド力で、さらなるアップを目指す。

 記念焼酎は「iichiko40」(750ミリリットル、40度)。長期貯蔵原酒の中から、えりすぐりの40種類を絶妙にブレンドしたという。陶器製のボトルは、ラグビーボールを三つ重ねたおしゃれなデザインに。ラグビーワールドカップ(W杯)を意識した。8千本の限定生産。5月末まで計560本を用意し、なくなり次第終了する。3万6千円の寄付をした人が対象となる。
 市観光まちづくり課によると、昨年度の寄付額は2月末時点で、9419万8千円。前年度同期より5900万円増えた。番組がワインを取り上げた6月から急激に伸びた。年末の駆け込み需要も前年の2倍に増えた。
 返礼品は170点。専門誌の特集号(10月)や都内を走る地下鉄の車内広告(1年間)でPR。市民も県外に住む市出身者らに声を掛けて後押しした。ワインのほかにもスッポン、焼酎、竹工芸などに人気が集まっているという。
 同課の尾方勇司課長は「地場産品で地道にやってきた成果が少しずつ出てきた。いろんな企業にこれからも協力を呼び掛けたい」としている。
※この記事は、4月11日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。

ニュース

> 2019年4月11日(木)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る