大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

全国高校選抜 入江準V なぎなた男子個人

 全国高校選抜大会は24日、兵庫県の伊丹スポーツセンター体育館などであった。県勢はハンドボール、テニスなど8競技に臨んだ。
 なぎなた男子個人試合で入江晃太(大分西)が準優勝し、片田涼介(同)が5位タイに入り、団体(女子)で福徳学院が3位入賞した。テニス団体男子で準決勝に挑んだ舞鶴は惜敗し、3位だった。自転車はロードレースで女子の阿南里奈(翔青)が5位に、ボートは男子シングルスカルで長谷享(三隈)が8位に入った。

 ◇な ぎ な た
(兵庫県伊丹SC体育館)
 ▽男子個人3回戦
入江晃太(大分西) メメ― 赤羽愛翔(長野・東京都市大塩尻)
片田涼介(大分西) メ― 佐藤光(香川・香川中央)
 ▽同準々決勝
入江晃太(大分西) メ― 中村優太(神奈川・神奈川大付) 
今井琉騎(埼玉・大宮開成) 判 定  片田涼介(大分西)
 ▽同準決勝
入江晃太(大分西) 反則勝ち 寒川慎也(和歌山・桐蔭)
 ▽同決勝
斎藤啓侑(福島・会津学鳳) メ― 入江晃太(大分西)

 ▽女子団体3回戦
福徳学院 1―0 今治東中教校(愛媛)
 ▽同準々決勝
福徳学院 1―0 関西福祉科学大高(大阪)
 ▽同準決勝
東海学園(愛知)2―0 福徳学院
 ▽同個人3回戦
安部友菜(大分西) 判 定 笠原彩叶(埼玉・狭山ケ丘)
三浦鈴蘭(青森・弘前中央) メ― 高村明(福徳学院)  
阿部真優(兵庫・近大豊岡) メ― 小野陽(福徳学院)  
 ▽同4回戦
村山花音(山形・山形西) メ― 安部友菜(大分西)

 思い切りよく入江が快進撃
 なぎなた男子個人試合で入江晃太(大分西1年)が実力者ぞろいの激戦を勝ち上がって準優勝した。県勢男子の上位入賞は初めて。
 高校入学後に競技を始めたばかりだが、思い切った試合運びで快進撃を見せた。準々決勝では昨春の選抜王者相手に素早く面を決めて1本勝ち。続く準決勝も経験豊富な相手を破ったが、頂点にはあと一歩及ばなかった。入江は「うれしいけれど悔しさもある。もっと結果を残せるように頑張りたい」と話していた。

 福徳学院健闘3位
なぎなた団体で福徳学院が4強入りを果たした。
 初日(23日)は硬さもあったが、最終日の24日は先鋒(せんぽう)園南寺優姫(2年)が果敢に攻め、中堅小野陽(1年)が確実に1本を決めて勝利し、大将高村明(2年)が勝利を引き寄せた。それぞれが役割を全うし、狙い通りの流れで勝ち上がった。
 準決勝で涙をのんだものの、「個人戦が不本意な結果に終わった分、気を引き締め直して臨んだ。気付いたら準決勝だった感じ」と築城理恵監督が振り返るような快進撃だった。高村主将は「練習してきたことを団体戦で出すことができた。気持ちが違った」と話し、「県高校総体で優勝できるよう、この経験を生かしたい」と決意した。


 ◇テ ニ ス
(博多の森テニス競技場)
 ▽男子団体準決勝
相生学院(兵庫) 3―1 大分舞鶴

 団体男子舞鶴3位
初の決勝進出を目指した舞鶴だったが、準決勝で相生学院(兵庫)に敗れた。大園洋平監督は「総合力で勝ち上がってくれたが、最後は力の差がちょっとだけあった」と選手をたたえつつ、悔しそうだった。
 前日(23日)の準々決勝で同じ九州勢の柳川(福岡)に3―2で競り勝ち、準決勝も接戦を繰り広げた。ダブルスの稲田康太郎・其田怜(2年)が確実に勝利し、シングルス勢も粘ったが及ばず、最後は1―3で勝負が決まった。
 それでも4年ぶり2度目の4強入り。主将の稲田は「最低限の力は出せたが、個々の実力は相手が上だった。悔しい結果。仲間と切磋琢磨(せっさたくま)し、互いにレベルアップしていく」と涙をこらえ、決意を新たにした。

 ◇フェンシング
(愛媛県武道館)
 ▽男子エペ2回戦
安来(島根) 45―32 別府翔青
 ▽女子エペ1回戦
大分豊府 45―31 城ノ内(徳島)
 ▽同2回戦
聖霊女短大付(秋田) 45―31 大分豊府

 ◇バドミントン
(ひたちなか市総合体育館ほか)
 ▽女子団体1回戦
昭和学園 3―1 高田商(奈良)
 ▽同2回戦
青森山田(青森) 3―0 昭和学園

 ◇ハンドボール
(24日・三郷市総合体育館ほか)
 ▽男子1回戦
大 分 31―11 津島東(愛知)

 ◇少林寺拳法
 善通寺市民体育館)
 ▽男子自由単独演武予選 穴井達大(玖珠美山)=落選
 ▽同規定組演武予選 玖珠美山(梶原、三塚)=落選
 ▽女子自由単独演武予選 日野可奈子(玖珠美山)=落選
 ▽同規定単独演武予選 幸島歩夢(日田三隈)=落選

 ◇自 転 車
(熊本県五木村特設コース)
 ▽男子個人ロードレース(79・6キロ)(22)生野優翔(日出総合)1時間59分7秒9、内藤悠真(別府翔青)=途中棄権
 ▽女子個人ロードレース(34・5キロ)(5)阿南里奈(別府翔青)1時間0分57秒7

 ◇ボ ー ト
(浜松市天竜ボート場=2000メートル)
 ▽男子シングルスカル5~8位決定戦 (8)長谷享(日田三隈)7分53秒56
 ▽同かじ付き4人スカル9~12位決定戦 (12)日田三隈(藤原、琴谷、木藪、武石、藤井)7分3秒98
 ▽女子ダブルスカル9~12位決定戦 (12)日田(藤原、秋好)8分11秒42











※この記事は、3月25日大分合同新聞朝刊17ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る