大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

自由に奏でて 待合室のピアノ 玖珠のJR豊後森駅

 玖珠町のJR久大線豊後森駅構内に16日、スタンド(アップライト)ピアノがお目見えした。町の魅力をアピールする「メルヘン大使」で作曲家の岩崎記代子さん(78)=福岡県太宰府市=が寄贈した。同駅は多くの観光客が立ち寄る旧豊後森機関庫そばにある。設置を働き掛けた町観光協会は「駅のにぎわいに一役買い、観光客にも楽しんでもらえたら」と期待している。
 岩崎さんは知人の作詞した歌「五月の万年(はね)山」に曲を付けたことがきっかけで町と縁ができ、町内のイベントにもたびたび参加している。「玖珠を元気にしたい。多くの人にピアノに触れてもらい、いい音を響かせてほしい」と寄せた。
 久大線を走る観光列車「ゆふいんの森」が運行開始30周年を迎えたのに合わせ、同駅でお披露目式があった。岩崎さんが講師を務める公民館講座「はねの会」のメンバー約30人が、岩崎さんの演奏に合わせて「線路は続くよどこまでも」など5曲を合唱した。
 ピアノは待合室に置いており、誰でも自由に弾くことができる。町観光協会は今後、岩崎さんの演奏会やミニコンサートなどを検討していく考え。
※この記事は、3月19日大分合同新聞朝刊17ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る