大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

別府市の小川さんらが ご当地ソング 「祭りで披露したい」

 別府市竹の内地区のご当地ソング「竹の内音頭」が完成した。地区でカラオケ教室を主宰する小川皓成(ひろなり)さん(72)が作詞を手掛け、市内で音楽活動をしている鳥井好人さん(70)が曲をつけた。地区の集まりなどで披露しており、祭りなどで気軽に踊って、地域に愛される歌として定着することを願っている。

 小川さんは以前から「音頭や歌がある地域もあるのに、竹の内にはない」と考えていたという。周囲の住民からも「歌を作ってほしい」と頼まれ、4カ月ほどかけて作詞した。祭りなどで踊ることを前提にしているため、言葉やリズムは覚えやすいように工夫。5番まであり、「若葉目に染む扇山」「鶴見おろしの北風」といった地域色も盛り込んだ。「歌いやすく、踊りやすい軽快な歌詞を心掛けた」と言う。
 小川さんの依頼を受けて、市内の公民館などで音楽活動をしている鳥井さんが作曲し、昨年12月に完成した。約3分の曲で、明るいメロディーが特徴。
 住民に覚えてもらおうと、鳥井さんのギター伴奏で小川さんが歌う曲をカセットテープに録音し、地区の集まりなどで紹介している。カラオケ教室で会長を務める吉田初男さん(70)=竹の内=は「歌詞に地域性があって覚えやすい」と笑顔。
 小川さんは「いずれは本格的なバンドの演奏で地区の夏祭りで披露したい。地域に浸透して愛され、町のPRにつながればうれしい」と話している。
※この記事は、3月12日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る