大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

箕内、小野沢、菊谷さん指導 ラグビーフェスタイン豊後高田

 「ラグビーフェスタイン豊後高田」が2月16、17の両日、豊後高田市玉津の高田高校であった。日本代表としてワールドカップ(W杯)を戦った元選手3人が子どもたちを熱心に指導した。
 ラグビーW杯大分開催の機運を盛り上げるために市教委が主催。訪れたのは箕内拓郎さん(43)と小野沢宏時さん(40)、菊谷崇さん(38)の3人。日本代表キャップ数は合計197を誇る。16日は県北地域唯一となる同高ラグビー部の約30人を指導した。
 3人は基本動作やボールの扱い方を解説した。試合形式で瞬時に考えて動くことの大切さを訴えた。
 箕内さんは「みんな真面目に練習に取り組んでいる。飛び抜けたスターはいないが、フィフティーン(15人)で力を合わせれば勝利につながる。コミュニケーション能力と状況判断を磨いてほしい」と助言した。
 主将の宮元健輔さん(17)=2年=は「いつもの練習よりもハードだった。実戦的なので学ぶべきところが多い」と話した。
 17日は小中学生らにラグビーの面白さを伝えた。
※この記事は、3月11日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る