大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

竹工芸の魅力PR 別府の貸し工房入居、作家3人福岡で展示会

 別府市にある竹工芸家のための貸し工房「未来竹房B―スクエア」に入居する3人が、福岡市博多区のはかた伝統工芸館で展示会を開いた。花籠作りのワークショップなどもあり、別府の伝統工芸の魅力を多くの人に紹介した。
 3人は中村さとみさん(44)=由布市、本名は中村諭美、こじまちからさん(37)=別府市、同小嶋力、釈唯信(しゃくゆいしん)さん(29)=由布市、同安部由衣。別府市の県立竹工芸訓練センターで学び、本年度はB―スクエアを借りてそれぞれ制作活動をしている。
 展示会は竹工芸の魅力を広めようと、1月25日から3日間、県産業科学技術センターが開催。中村さんはフォークやハンガーなどぬくもりのある生活用品を展示した。こじまさんは染色と編組を生かした装身具やオブジェ、僧侶でもある釈さんは後光をイメージしたピアスなど仏教につながる作品を紹介。福岡での展示に合わせ、内側に博多織を使った網代箱も作った。
 ワークショップでは、参加者が「四海波」と、薄く削った竹を入れた匂い袋作りに挑戦。中村さんは「別府、大分両市での活動が中心ですが、福岡で多くの人に竹工芸の良さを伝えることができたと思います」と話した。
 3人は3月8~10日、福岡県行橋市の原田脩記念ギャラリー稲童でも展示会を開く。入場無料。
※この記事は、3月3日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る