大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

津久見高 巡る善意 温まる

 津久見市の津久見高校で5日、恒例の強歩大会があった。フィニッシュ後の炊き出しでは、昨年7月の西日本豪雨で募金を贈った三間高校(愛媛県宇和島市)から返礼として寄せられたコメを利用。PTA会員や生徒が災害時用装備で作ったご飯と豚汁を味わった。
 募金は夏に津久見高ボランティア同好会が呼び掛け、被災した三間高に3万2500円を寄付。三間高からは生徒が育てたコメ60キロが届いた。PTAや学校は強歩大会に合わせて、防災教育を兼ねた炊き出しを計画。市が災害用の移動式煮炊き釜や湯煎でご飯を炊ける炊飯袋を提供した。
 強歩大会には1、2年生約320人が参加。市内の海岸沿いなどを走る男子15・4キロ、女子12・4キロのコースに挑み、ゴール後は温かい食事を堪能した。
 PTA会長の幾田淳也さん(45)は「2017年の台風18号の被災や他地域の自然災害を受け、生徒らが防災について学び、考える機会をつくりたかった」と話した。
※この記事は、2月6日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る