大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

うま味 しっかり くにさきオイスター 出荷式で40人舌鼓

 国東市特産の生食用殻付きカキ「くにさきオイスター」の出荷式が5日、国東市国東町小原のホテルベイグランド国東であった。関係者ら約40人が出席し、出来栄えを確かめた。
 くにさきオイスターは2015年から出荷を始めた。農機メーカー、ヤンマー(大阪市)の研究施設「ヤンマーマリンファーム」(国東市武蔵町)が技術指導。地元の漁協や水産会社が養殖している。今年は昨年より5万個増の20万個の出荷を目指す。サイズはS(35~50グラム)、M(50~70グラム)、L(70~90グラム)の3種類を取り扱う。
 試食会があり、出席者は「濃厚な味わい」「しっかりした味でおいしい」と話した。
 ヤンマーマリンファームの加藤元一所長は「厳しい暑さもあったが、何とか出荷できた。食感と口に広がるうま味を楽しんでほしい」とPRした。
 現在、首都圏の高級レストランや市内外の飲食店百店舗以上が取り扱う。ふるさと納税の返礼品としても人気。
 20日には大分市のトキハインダストリーわさだ店や同あけのアクロスタウンで店頭試食販売会がある。
※この記事は、12月6日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 2時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る