大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「心優しく」願い、若宮八幡神社に特大絵馬 日出中の石倉風月さんが原画

 日出町日出の日出若宮八幡神社で5日、来年のえとのイノシシを描いた特大絵馬(縦1メートル、横1・35メートル)の奉納式があった。日出中学校美術部長の石倉風月(ふづき)さん(14)=2年=が原画を担当。母イノシシと寄り添う2頭のうり坊が描かれている。
 式には石倉さんや総代ら18人が出席。絵馬を清める神事の後、河村公司総代会長(77)が「親子愛を感じる作品」と話した。
 石倉さんは実物の写真を参考に約1カ月かけて制作。一本一本描いた毛並み、子に向ける母親の温かいまなざしなどにこだわり、「見た人の心や、社会が優しくなってほしい」との願いを込めたという。
 絵馬は2019年12月まで拝殿に飾られる予定。神社は2014年から奉納を始め、原画を同美術部に依頼している。えとが一周するまで続ける。
※この記事は、12月6日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る