大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

秋の夜長 文殊仙寺のひととき 国東市、ライトアップ始まる

 六郷満山開山1300年を記念した寺院と紅葉のライトアップが6日、国東市国東町大恩寺の文殊仙寺で始まった。国東半島宇佐地域・六郷満山開山1300年誘客キャンペーン実行委員会の主催。12月2日まで。
 同寺ではオープニングイベントとして国内外で活躍する、しの笛奏者の鯉沼広行さんと弟子の金子由美子さんのコンサートがあった。来場者は美しい笛の音色に耳を傾けた。北九州市小倉北区の会社員中村美香さん(54)は「幽玄な雰囲気だった。とても感動した」と話した。
 ライトアップは土、日と祝日を中心に同地域の霊仙寺(豊後高田市)や宇佐神宮(宇佐市)など神社仏閣12会場である。他会場でも特別イベントを用意している。いずれも午後6時から同8時半まで。
※この記事は、10月10日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る