大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月28日(日) 20:00スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

世界中から“里帰り” 来春、別府市3大学卒業生

 別府市は2日、市内の大学の卒業生と在学生、地域住民が交流する「学生大同窓会」の概要を発表した。「リトル別府」と称したシンポジウムと、市内のホテルを貸し切って学生や住民が卒業生をもてなす「同窓会ホテル」の2部構成。会員制交流サイト(SNS)などを使って幅広く参加を呼び掛ける。

在校生や企業と交流を
 来年3月23日に開催。昼の部はビーコンプラザでパネルディスカッションと分科会を開き、会場には地元企業のPRブースを設ける。夜の部は別府豊泉荘であり、学生や住民が自由な発想で各部屋(計32部屋)を運営。特産品やグルメの販売、イベントなどで卒業生をもてなし、親睦を深める。宿泊することもできる。
 市内には3大学があり、毎年約1600人(半数が留学生)が卒業しているが、多くは県外や海外で就職している。別府に「里帰り」して現役学生や地場企業と交流することで、将来的には市内での起業や市が抱える課題解決への協力につなげることを目指している。
 総合監修を務める音楽家の清川進也さんや実行委員の学生たちが市役所で会見し、意気込みを語った。実行委員長を務める立命館アジア太平洋大学卒業生のソン・テナムさん(25)は「別府の街で学んだ世界中の人たちに帰ってきて楽しんでもらいたい」と話した。
※この記事は、10月3日大分合同新聞朝刊9ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る