大分合同新聞納涼花火シリーズ

津久見会場 7月14日(日) 20:00スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

自動運転、初の車道へ 無料で毎日10往復、大分市が実証実験

 大分市は10月20~28日、市中心部の車道で自動運転の車両を走らせる実証実験をする。地元開催の国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭(いずれも同6日~11月25日)に合わせて、市民や観光客に世界が注目する次世代の乗り物を体感してもらう。歩道で実施した昨年に続く実験。市によると、車道を走行するのは県内で初めて。緊急時に備えてドライバーも同乗する。
 車両は群馬大学が官民共同で開発した「低速電動コミュニティビークルeCOM―10」(全長4・9メートル、幅2メートル、高さ2・4メートル、定員16人)を使用。JR大分駅上野の森口と、大友氏館跡(顕徳町)に今月30日オープンする南蛮BVNGO(ぶんご)交流館間の約1・2キロを結び、市道と鉄道残存敷(線路跡)を通る。最高時速19キロで所要時間は10分。
 運行は午前10時~午後4時。先着順。無料。1往復30分程度で、毎日10往復する予定。激しい雨の場合は中止となる。
 事前に設定したルートを、衛星利用測位システム(GPS)や車載カメラ、センサーを使って走行。発進や加速、信号停止、車線変更などを自動で行う。車内は木のベンチシートで窓ガラスがなく開放感がある。車椅子利用者も乗車できる。事業費は1300万円。
 同市は昨年、田ノ浦ビーチと大分マリーンパレス水族館「うみたまご」を結ぶ約1キロの歩道で同様の実験をした。乗客らから評判がよかったことから車道でも計画。乗客にアンケートを実施して、観光への活用など今後の参考にする。
 自動運転は実用化を目指して世界で技術開発が進んでいる。市は「未来を感じさせる車が市道を一般車に交じって走る。多くの人に利用してほしい」と話している。
※この記事は、9月14日大分合同新聞朝刊25ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る