大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

こんがり 元気に2学期 6市村の小中で始業式

 別府や臼杵、姫島など県内6市村の公立小中学校で3日、2学期の始業式があった。県内の学校のうち7割は8月中に新学期を迎えており、この日は残りの110校が実施。連日の猛暑も和らぎ、児童は元気な姿を見せた。
 豊後高田市新地の高田小(松成富義校長、392人)では青空の下、日焼けした児童たちが続々と登校。夏休みの工作を入れたバッグを抱え、先生や友達とあいさつを交わした。
 式で松成校長(57)は「学校行事が多い2学期です。聞く姿勢をしっかりして、充実した学校生活にしましょう」と呼び掛けた。
 各学年の児童代表が夏休みの思い出や新学期の目標を発表。2年の上杉琴音さん(7)は「プールで遊んで楽しかった。2学期は苦手な算数に取り組みたい」、6年の末広頼輝(らいき)君(12)は「運動会があるので、声を出してみんなを引っ張っていきたい」などと述べた。
 各教室で子どもたちは課題を提出。担任と一緒にクラス目標を確認し、授業に臨んだ。
※この記事は、9月3日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る