大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

別府市がNY支店開設 来年2月末まで竹細工の魅力PR

 別府市は、別府竹細工の海外展開を目指す拠点として、米ニューヨークに「別府市役所ニューヨーク(NY)支店」を開設した。来年2月末まで竹細工を使った日用品を展示・販売し、海外メディアやバイヤーに魅力を売り込む。
 ブルックリン地区にあるギャラリー「J―COLLABO(コラボ)」の一角を借り、「NY支店」と銘打ってPRする事業。8月中旬に始めた。
 9月14~25日にはプロモーションイベントを開き、バッグやアクセサリーなど日常的に使える50種類・約100点を展示・販売する。伝統工芸士の大谷健一さん(52)、清水貴之さん(39)=いずれも別府市=は実演や商品紹介をする。現地のアーティストと交流してニューヨーク発の商品も開発する。
 市は、現地で別府竹細工の販路拡大の可能性を探る市場調査をしており、数千~数十万円の幅広い価格帯の商品を並べる。全体の総事業費は700万円。国の地方創生推進交付金を活用した。
 ギャラリーは日本文化の発信事業に取り組む団体が運営。NY支店の業務も委託している。代表者の佐賀関等さんが別府出身という縁もあって協力を得られた。
 経済産業部の白石修三部長は「200社以上の海外メディアに情報発信している。認知度を高めて産業振興につなげたい」と話した。
※この記事は、8月27日大分合同新聞朝刊8ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る