大分合同新聞納涼花火シリーズ

津久見会場 7月14日(日) 20:00スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

かき氷に竹田の特産品 15日から販売

 梅雨が明け、暑くなると恋しくなるかき氷。竹田市竹田町のレストラン「オステリア・エ・バール・リカド」は、市特産のトマトやカボスをふんだんに使った新メニュー「竹田の秘密なかき氷」を考案した。15日からお目見えする。
 竹田の夏を代表するメニューを―と小林孝彦代表(36)が試行錯誤を重ねた。▽荻町のトマトジュースと乳酸飲料のブレンド▽カボス果汁と国産蜂蜜の濃縮飲料▽生クリームとチーズを合わせた「マスカルポーネ」―のシロップ3種類をかける。カボスとフルーツトマトのスライスをトッピング。削ったカボスの皮で風味を高める。氷は程よい粒にするため、手動のかき氷機を使う。
 食べ進めるにつれてシロップが混ざり「不思議なおいしさを楽しんでほしい」と小林代表。今後、城下町の他の飲食店にも声を掛け、さまざまなかき氷による地域おこしも考えている。
 850円(税込み)。8月末まで、日曜の午前11時半~午後4時に販売する。盆は平日も扱う。問い合わせは同店(☎0974-62-2636)。
※この記事は、7月13日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る