大分合同新聞納涼花火シリーズ

津久見会場 7月14日(日) 20:00スタート!

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

西日本豪雨 県職員、宇和島支援へ

 県は13日、西日本豪雨で大きな被害が出た愛媛県宇和島市に職員15人を派遣した。20日まで現地で給水支援を担う。
 同市は豪雨被害で約6600世帯が断水し、約180人が避難生活を続けている。
 職員は市内の小中学校、市役所支所などに設けた給水所で活動する予定。20日以降は別の職員を派遣し、支援は3カ月ほど続ける見通しだという。
 出発式が県庁であり、広瀬勝貞知事が「現地は混乱が続き、大変な作業となる。責任感を持ち、任務に当たってほしい」と激励。職員を代表して行政企画課の渡部茂登主幹(45)が「被災者に寄り添い、頑張りたい」と決意を述べた。
※この記事は、7月13日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る