大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

よくかんで食べよう 給食に「かみかみメニュー」 豊後高田市

 よくかんで食べることの大切さを学んでもらおうと、豊後高田市は市内の小中学校と幼稚園で特別に考案した「かみかみメニュー」の給食を提供。毎年、「歯と口の健康週間」(4~10日)に合わせて学校現場での指導に力を入れている。

 今年は7日に実施。市内佐野の河内小学校(平松豊校長)では、4、5年生9人が食べた。サラダにさきイカと昆布を交ぜ、デザートにはサツマイモのスティック菓子を準備した。子どもたちはしっかりとかみ砕き、おいしく味わった。
 食事をしながら養護教諭らによる授業も。歯を使うことは食べ物の消化を助けて脳の働きを活性化し、唾液の分泌が増えることが病気予防にもつながることを勉強した。
 同小5年の光門雅さん(10)は「普段の給食と比べて硬かったけれど、おいしかった。これからは一口で30回かむことを意識して食事したい」。同小の東由利養護教諭は「軟らかい食事が増え、最近の子どもたちはあごが小さくて歯並びが悪くなっている。しっかりとかむことは健康効果があるので、歯磨きと併せて指導していく」と話した。
 市内にある全ての小中学校(16校)と幼稚園(2園)の約1600食を市学校給食センターが一括調理・配送した。
※この記事は、6月10日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る