大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「別府発」ついに初演 オペレッタ「瓜生島」

 別府発のオリジナル音楽劇(オペレッタ)「瓜生島」が25日、別府市のビーコンプラザで初演された。3年かけて完成を目指してきたプロジェクトで、東京や県在住のソリスト、市民合唱団がそろって出演し、歴史的な舞台を踏んだ。

 別府湾に沈んだとされる瓜生島を題材にした内容。合唱曲「波の底には」をはじめ、ソプラノやテノールのソロ、能楽師の舞、バレエなどで構成。若者の悲恋や島の人間模様を織り交ぜながら、自然の驚異を前にたくましく生きる人々の姿を表現した。
 団員の一人、大分市の田上真子さんは「素晴らしいテーマで、心を込めて精いっぱい演じました」と感慨深げ。ソリストとして出演し、合唱指導をしてきた愛甲久美・県立芸術文化短期大学教授は「団員の皆さんは合唱曲に愛着を持って歌っていたと思う。別府で初演できたことがうれしい」と話した。
 開演に先立ち、演出や台本を手掛けた東京オペレッタ劇場代表の角岳史さんと作曲家白樫栄子さんのトークイベントもあった。
 ビーコンプラザのオペレッタ劇場は2010年に始まり、創作劇は今回が初めて。16、17年に合唱曲を披露するなど3年にわたって温めてきた。27日に東京公演(千代田区立内幸町ホール)を行う他、来年3月には、09年に大地震が発生したイタリア中部ラクイラで合唱曲を披露することが決まっている。
※この記事は、2月27日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る