大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ベトナム語学ぼう 豊後高田市工業連合会が講座企画

 豊後高田市工業連合会は、市内で増加するベトナムからの外国人技能実習生と円滑なコミュニケーションを図るため、無料のベトナム語講座を企画した。自動車関連産業が盛んな地元企業に、さらに優秀な人材を呼び込むための環境整備を目指している。

 20日に市役所で第1回講座があり、市内の企業関係者10人が参加。講師は同国・ホーチミン出身で立命館アジア太平洋大3年のヌウェン・タン・タオ・ビさん(22)が務めた。ビさんは流ちょうな日本語を織り交ぜ、ベトナムの文化や基本的なあいさつ、アクセントを分かりやすく指導した。
 市内新町の菓子店従業員東優里さん(50)は「ベトナム人客は5年ほど前からよく訪れるようになった。簡単な会話ができるようになりたい」と意気込む。
 市によると、市内には約320人の実習生が滞在し、3分の1以上をベトナム人が占めている。市と豊後高田商工会議所、市内の民間企業は連携して実習生受け入れ窓口となる監理団体を本年度内に設置。2019年度からベトナムをターゲットに呼び込む計画を持っており、さらなる増加を見込んでいる。
 同会の小畑雄嗣会長(67)は「ベトナムの人々が快適に暮らせるよう、少しでも会話ができる環境にしたい。技能を習得してもらう目的もあるが、地場の中小企業は人手不足が深刻なので、貴重な労働力としても期待している」と話した。
 講座は市役所で3月9日までの火、金曜日の午後5時半~同7時。市内企業関係者なら誰でも受講できる。問い合わせは同会事務局(TEL0978・25・6219)へ。 
※この記事は、2月25日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る