大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

小ネギにジオパーク印 「豊後大野産」をPR

 小ネギを水耕栽培している農事組合法人プロスパ生産組合(豊後大野市緒方町、中村進代表理事)は、おおいた豊後大野ジオパークのシンボルマークを商品パッケージに印刷し、出荷している。同組合は「産地のPRとジオパークの周知につながれば」と期待している。

 組合は1996年設立。町内各地のハウス約1・6ヘクタールで年間約218トン(約7万3千ケース)の小ネギを生産して県内外に出荷している。
 取引先の青果卸「光進」(大分市、阿南光昭社長)が熊本県のスーパーチェーンから「産地が見える農産物を売りたい」との要請を受け、同組合に相談した。
 中村さんは、阿蘇溶結凝灰岩でできた市内の滝をモチーフにしているシンボルマークが「豊後大野の特徴が伝わりやすいのでは」と着目。管理するジオパーク推進協議会(市商工観光課内)にマーク使用を申請し、認められた。
 白地に青色で印刷されたマークは緑色の小ネギに映える。昨年11月中旬から月200ケースを出荷しており、今年3月には同500ケースに増える予定。中村さんは「市内産の農林産物でマーク使用が増えれば、1次産業活性化にもつながるのでは」と話している。
※この記事は、1月17日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る