Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分も降灰の恐れ農作物の被害注意

 大分県は12日、新燃岳の噴火に伴い、農作物の降灰被害を防ぐため技術指導を徹底するよう各振興局に通知を出した。
 気象庁が同日午前に発表した降灰予報で一時、佐伯、臼杵、豊後大野各市が対象地域に含まれていたことから注意を呼び掛けた。
 県地域農業振興課は「今のところ被害は確認されていないが、噴火が継続すると県内でも降灰の恐れがある。県のホームページに対策マニュアルを掲載しているので参考にしてほしい」としている。
 県は同日、降灰調査を強化した。臼杵、佐伯、竹田、豊後大野の4市5地点で1週間ごとに降灰状況を調べる。
※この記事は、10月13日大分合同新聞朝刊26ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る