Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

【橋めぐり2017夏③】田丸橋(愛媛県内子町)

 山あいにのどかな風景が広がる愛媛県内子(うちこ)町河内(かわのうち)地区。麓(ふもと)川に架かる田丸橋は、生活橋として全国でも珍しい屋根付き橋で、町有形民俗文化財として大切に管理されている。
 田丸橋は長さ14・1メートル、幅2・1メートル、高さ2・9メートルの木製。1944年、地元の大工が台風で流失した橋を復活させようと建設した。川をまたぐような構造の橋脚も特長で、2002年に土木学会選奨土木遺産に認定されている。
 橋の耐久性を保つために屋根が設置され、橋上は木炭の一時保管所に使われたこともあったという。田丸橋保存会の久保義雄会長(64)は「長く住民に親しまれてきた。いつまでも守っていきたい」と笑う。(愛媛新聞=文・写真 樋口和至)

メモ:松山自動車道・内子五十崎インターチェンジから車で約10分。内子町ビジターセンター(TEL0893・44・3790)。
※この記事は、8月16日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

ニュース

> 2017年8月16日(水)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る