Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

照明ちらつく「電圧フリッカ」 県北部などで発生

 照明が明るくなったり暗くなったりしてちらつく現象「電圧フリッカ」が、県北部など九州各地で発生している。九州電力大分支社によると、急激な太陽光発電の普及拡大が要因。感電や停電など安全面の心配はないが、これから広域的に起きる可能性が高くなる時季になるため、対策を急いでいる。
 電圧フリッカは送電線の電圧が繰り返し変化することで起きる。九電管内では2015年度からの2年間で23回発生。今年は1月1日と2月19日の昼間、九州全域で起き、県内では杵築市などから計26件の問い合わせがあった。
 太陽光発電設備(出力50キロワット未満)が急激に普及。設備に付属する装置「パワーコンディショナ(PCS)」が電圧調整のため送電網に注入している「無効電力」の量が急増したのが原因という。
 同支社は「太陽光発電自体に問題があるわけではない」とした上で、「無効電力の注入を抑制するPCSの設定変更などの対策を進めている」と説明。家庭用太陽光発電は無効電力の影響が小さく、対策の必要はない。
 春は電気の使用量が減る一方、太陽光発電の発電量は増えるため、昼間(正午~午後2時ごろ)に電圧フリッカが起きやすくなる。同支社は「白熱球や蛍光灯がちらついても感電や停電の心配はない。不明な点があれば最寄りの営業所などに相談を」と呼び掛けている。
※この記事は、4月21日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る