Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

梅木初の頂点 78キロ級 全日本体重別柔道

 女子78キロ級で梅木真美(ALSOK)=九重町出身=がうれしい初優勝を決めた。昨夏のリオデジャネイロ五輪初戦敗退の悔しさを胸に努力を続けた成果を存分に発揮し、決勝までの3試合を全て一本勝ち。「前へ前へと出る自分らしい柔道ができた」と喜びをかみしめた。
 決勝は浜田尚里(自衛隊体育学校)との対戦になった。梅木は組み手をしっかりと決めて前に出た。技をかけられそうになっても落ち着いてかわし、表情には余裕さえ感じられた。残り1分28秒、スッと相手の懐に潜り込んで払い腰を決めると、そのまま後ろけさ固めへ。初戦、準決勝と同じく、寝技で相手をがっちりと抑え込み、そのまま一本勝ちした。
 社会人になった最初の日だった。「ゼロからのスタート」と位置付けて臨んだ思い入れのある大会で最高の一歩を踏み出した。「大勢の人の支えがあって優勝できた。しっかりと(得意の)寝技に持ち込めたのも良かった」と笑顔で喜びを語った。
 一方で涙の初戦敗退となったリオ五輪の悔しさも忘れてはいない。「3年後の東京五輪をしっかりと見据えたい。(東京で)必ず金メダルを取ってリオの借りを返したい。そのためにも世界選手権など、目の前の大会に全力を注ぎたい」と堂々とした口調で話した。

父らスタンドで歓喜
 スタンドには梅木を応援しようと父彰博さんのほか、前九重町長の坂本和昭さん、幼い頃に指導した後藤清二さん(大分市)らリオデジャネイロにも駆け付けた顔触れがそろい、熱い声援を送った。
 優勝の瞬間は拍手でたたえ、興奮も最高潮に。彰博さんは「福岡であるこの大会は地元開催みたいなもの。リオでは悔しい思いもしたが、今回の優勝で皆さんにまた一つ恩返しができて良かった」と喜んでいた。
※この記事は、4月2日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る