Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

閉館を前に感謝のアート 大分フォーラス1階

 大分市の大分フォーラス1階のアシッドギャラリーで、参加型アートイベント「サンキュー!」が始まった。真っ白な壁が、ピンクや青、黄色など色とりどりのアクリル絵の具で染められている。26日の閉館を前に、店内の壁や天井を巨大なキャンバスに見立て、画家と来場者が一緒に作品を仕上げる。

画家2人が壁、天井に制作中
 つなぎ姿で絵筆を握り、即興で絵を描くのは、同市を拠点に活動する画家の森山楓さん(24)と田口麻衣子さん(33)の2人。ともに県立芸術文化短期大学専攻科出身で、アート作品や服、雑貨を販売する同店で作品展やライブペイントを開いてきた。
 「建物はなくなってしまうけど、みんなの記憶に残る作品をつくりたい。アートの力で、明るくハッピーな気分を届けられるといいな」と2人。子どもからお年寄りまで、来場者は「店がなくなり寂しくなる」「どんな作品が完成するかワクワクする」などと話しながら、思い思いに絵を描いた。買い物客らも足を止め、制作の様子を見入っていた。
 アシッドギャラリーは26日で閉店後、福岡市に移転する。松田恵里店長(24)は「お世話になった大分のお客さまに最後まで楽しんでもらい、感謝の気持ちを伝えたい」と話した。
 イベントは19、25の両日午前11時から午後6時まで開く。参加無料。問い合わせはアシッドギャラリー(TEL070・6454・6854)。
※この記事は、2月17日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。

OPENCLOSE

cawainformation-カワインフォ

cawainformation-カワインフォ毎日更新中

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る