エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

横浜流星、多忙過ぎて来年の目標言えず「考えられるようになったら…」

 俳優の横浜流星が『2019 第32回 小学館 DIMEトレンド大賞』の「ベストキャラクター賞」を受賞し、13日に都内で行われた贈賞式に出席。多忙を極めるあまり、来年の目標を考えられない状況であることを明かした。

【写真】微笑む姿が可愛い…「ベストキャラクター賞」を受賞した横浜流星

 同大賞は、ビジネスからエンターテインメントまでの幅広いジャンルにわたり、その年のトレンドを映し出した商品・サービスに贈られるもの。そのほか、「エンターテイメント賞」をキズナアイ、「話題の人物賞」を神田松之丞、「特別功労賞」をラグビー日本代表が受賞。特別功労賞は代表してスタンドオフの田村優選手が登壇した。

 横浜は、今年1月から放送されたTBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で、髪をピンクにした不良高校生“ユリユリ”こと由利匡平を演じ、大きな話題を集めた。その後も日本テレビ系ドラマ『あなたの番です-反撃編-』や現在放送中のTBS系ドラマ『4分間のマリーゴールド』、映画やCMなどに出演している。

 スピーチで今年を振り返り「本当にうれしいです。自分にとってターニングポイントになった年でした」と笑顔を見せた横浜。多くの経験を踏み「すてきな素晴らしい時間を過ごすことができた。来年は俳優人生の新しいスタートだと思います。でも、僕自身は変わらずに地に足をつけて、これからもいい作品を作れるように前向きに頑張っていきたい」と抱負を語った。

 今後、挑戦したい役については「イメージと逆だったら面白いのかな。クールな役が多いので、飛び抜けて明るいキャラクターだったり、すごくだらしない男とか」とにっこり。「自分もやりがいを感じますし、芝居の幅も広げられるなと思う」と語り「息の長い役者になりたい」と力を込めた。

 ただ、来年に新しく挑戦したいことを問われると「正直、目の前のことに必死すぎて考える余裕がないんですけど…」とぽつり。そして少し悩んだ後に「考えられるようになったら考えたい」とはにかんでいた。

 ■各賞一覧(受賞商品/企業名)
【家電部門】ルンバi7+/アイロボットジャパン
【IT部門】ブロックチェーン/一般社団法人日本ブロックチェーン協会
【モビリティー部門】エアバスA380「FLYING NONU」/ANA
【日用品部門】紙製ストロー「シルフィーTM」/日本製紙
【食品部門】バスチー、バスク風チーズケーキ/ローソン
【美容・健康部門】ウーノ フェイスカラークリエイター/資生堂ジャパン
【マネー部門】PayPay/PayPay
【リテール部門】ワークマンプラス/ワークマン
【ホビー・カルチャー部門】春水堂「タピオカミルクティー」/オアシスティーラウンジ
【ランドマーク部門】渋谷スクランブルスクエア/渋谷スクランブルスクエア
【エンターテイメント部門】キズナアイ
【話題の人物賞】神田松之丞
【ベストキャラクター賞】横浜流星
【特別功労賞】ラグビー日本代表/日本ラグビーフットボール協会

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る