Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

中村倫也&木下晴香、『アラジン』の名曲を生歌唱 緊張の舞台裏明かす「出ていくだけでも帰りたい」

 俳優の中村倫也、女優の木下晴香が22日、都内で行われたディズニーの名作を実写映画化した『アラジン』の名曲「ホール・ニュー・ワールド」お披露目イベントに登場。プレミアム吹替版(せりふも歌も完全に吹替えた日本語版)キャストとして、主人公のアラジンを中村、ヒロインのジャスミンを木下が演じることから、2人で同曲を初披露した。

【動画】『アラジン』の名曲を生歌唱した中村倫也&木下晴香

 夜空に浮かぶ大きな三日月、魔法のじゅうたんといった幻想的な『アラジン』の世界観を再現したステージで美しいハーモニーを響かせた2人。中村が「尋常じゃないくらいのどが乾いています、汗もかいています。緊張しました。お披露目もそうですし、すてきなサウンド。出ていくだけでも帰りたくなりました」と語ると、木下も「普段は舞台に出る前に緊張するのですが、きょうは出た瞬間にすごく緊張しました」と明かした。

 同作の吹替を担当することを聞いた瞬間の思いについては、中村が「一言で言うなら、もうぶったまげですね。まさか人生でディズニーさんと仕事すると思ってなかった。(見る側として)楽しむものだと思っていたので、これは頑張らなきゃなという気持ちでした」と回顧。木下は「本当に『信じられないわ~』という感じですね。涙を流して喜びました。ディズニーも『アラジン』も大好きだったので、その分よりよいものにしないといけない責任を感じつつ、それをパワーに変えてという感じでした」と楽曲の一節を口ずさみながら喜びを語った。

 中村は、吹替を務めることが発表されて以降、さまざまなところで反響があったといい「すごかったですね。いろんな知り合いからメールが来て、この間なんか薬局でのど飴を買ったら、レジのおばちゃんから『歌わなきゃですもんね』って言っていただいて」とにっこり。作品のテーマにちなんで「今、かなえたい願い」が話題になると「魔法のじゅうたんがほしいですよね。持って帰れるかな(笑)。でも、空は寒いかな。あんまり飛びすぎると、管制塔とかに迷惑かけちゃいますもんね。かといって、低いと危ないし」と笑わせていた。

 実写版ではエジプト出身の俳優メナ・マスードがアラジン役、ディズニー・プリンセスとしても人気が高い、自由を求める王女ジャスミン役はナオミ・スコットが担当。ランプの魔人・ジーニーは『メン・イン・ブラック』シリーズや『スーサイド・スクワッド』など、メガヒット作品に出演しているウィル・スミスが演じる。ジーニーの吹替は、アニメーション版に続き、声優・山寺宏一が務める。

 同作は、6月7日に公開される。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る