Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

元AKB48岩田華怜、3月の骨折「ほぼ回復」 主演ミュージカルには影響なし

 元AKB48で女優の岩田華怜(20)が22日、都内で行われた主演ミュージカル『Signs! ~微力だけど無力じゃない~』の制作発表会に出席。3月8日に都内で原付バイクと接触、転倒して骨折したことを自身のツイッターで報告した岩田。「お騒がせしましたが、今は怪我の方はほぼ回復していて、ミュージカルを問題なくできるまで回復しています」と報告した。

【全身ショット】制服姿を披露した岩田華怜&清水佐紀

 同作は、「高校生平和大使」の活躍を描いたミュージカル。同大使は1998年に長崎で始まった取り組みで、毎年全国の高校生が核兵器の廃絶を求める署名を集め、ジュネーブの国連軍縮会議に届けるという活動であり、昨年ノーベル平和賞の候補にもなった。ミュージカルでは、高校生平和大使に選ばれた主人公の真理亜の成長とともに、20年にわたる高校生平和大使の活動の軌跡が描かれる。

 真理亜役の岩田は「台本を読んだ感想は、自分と変わらない年代の子が、自分たちの故郷、平和のために積極的に活動することに驚いた」としみじみ。宮城県仙台市出身で、11年の東日本大震災の年にAKB48第12期研究生として芸能界入りし、16年に卒業したことにも触れ「被災したその直後に(AKB48に)加入して上京し、微力ながら復興活動に尽力した」と告白。

 その時に感じたことは「自分と変わらない年代の子が『上京したかったけど、地元に残りたいと思った』『後世に伝えるために語り部になった』などと聞いていた」と明かし「この作品を通じて、日本をどう守っていくのかを一人でも多くの人に伝えていけたらと思います」と話した。

 この日は、Berryz工房の清水佐紀も登壇。ミュージカルは8月8日から12日に渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホールで行われる。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る