エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

みやぞん、『24時間テレビ』トライアスロンは異例の“放送前”スタート

 25日、26日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ41 愛は地球を救う』(後6:30)で、チャリティーランナーを務めるお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんが9日、神奈川・大磯町で行われた長距離練習後、チャリティーパーソナリティーの菊池風磨、相方のあらぽん、坂本雄次トレーナーと囲み取材に出席した。

【写真】水泳・自転車も…トライアスロン挑戦で夏合宿を行ったみやぞん

 今回は番組史上初のトライアスロンとして、土曜の正午よりスイムからスタート。『メレンゲの気持ち』(毎週土曜 正午)で生中継され、バイクは直前番組内で中継されることが発表された(ともに一部地域を除く)。ランは『24時間テレビ』本編放送内から開始されるものの、挑戦自体のスタートが番組外からになるのは1995年に神戸から東京600キロを一週間かけ走った間寛平以来で、異例の形式でのチャレンジとなる。

 この日みやぞんは午前に30キロ、午後に8キロを6時間40分をかけて走破。持ち前の身体能力の高さで猛暑のなかを休憩もはさみながらなんとか乗り切った。膝に刺すような痛みを訴えつつ「今回は初めて壁にぶつかりました。足が動かなくなり前に進みたいのに足が言うことをきかなくなり、メンタルでも『ああこれはキツイ』と正直さきほどなったばかりです」と不安を吐露。「でも今は休憩してるし大丈夫です!」と明るくアピールした。

 午前中にはみやぞんとともに5キロ並走した菊池は「ただでさえすごいポテンシャルだったのに鉄人の域をいってる」と感心。前回の演習では、20キロ並走にも挑戦したそうだが「みやぞんさんは10何キロ走ってもなんてことない、とおっしゃっていて。僕は1週間仕事にならなかったのでやっぱりすごい。ケタが違う」と目を丸くした。

 これまで数々のチャリティーランナーを見守ってきた坂本トレーナーも「今回3種類やってる。それぞれのパートの得手不得手があると思うけど彼は特にスイムが、言われたことを言われたとおりにできる。明らかに指導してくれる人と遜色ないくらいのフォームでできる。相当なポテンシャルを持ってる」と驚き、「飲み込みの部分でいうとトップクラス」と太鼓判を押していた。

 ゴールをしたら「みんなでパーティーをやりましょう!」と掲げるみやぞん。「つらいもありますけど、楽しいもあります。つらいって思うのはもったいないですよ。つらい時もありますが、楽しいにどう考えていくかが勝負。不安じゃない方に舵(かじ)を切っていく。この作業も楽しいです」と前代未聞のチャレンジを前に自らを鼓舞していた。

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る