スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

東京マラソン、新型肺炎に神経

見えない敵、会場でマスク配布も

 3月1日の東京マラソンを前に、主催する「東京マラソン財団」が新型コロナウイルスへの対応に神経をとがらせている。会場でマスク配布といった対策を講じる予定だが、多くの人が集まるスタート地点などには感染拡大のリスクも。「不安があれば参加の可否を慎重に判断してほしい」と呼び掛けている。

 財団によると、今年は約3万8千人がエントリー。今年は東京五輪男子マラソン代表の選考会を兼ね、注目度も高い。

 感染拡大を受け、財団は対策を検討するチームを設置。当日のスタート場所付近など各地点に消毒液を配備し、希望者にはマスクを配布。ゴール地点ではウエットティッシュを配る方針だ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る