スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

徳勝龍ゆかりの地で特別展、奈良

葛城市の相撲館、稽古した土俵も

 「相撲発祥の地」とされる奈良県葛城市の相撲館「けはや座」で28日、県出身力士として98年ぶりの優勝を果たした平幕徳勝龍(33)の特別展示が始まった。同館には、本場所と同じサイズで子ども時代の徳勝龍が稽古をした土俵があり、塩まきや力士の装いもできるとあって人気だ。

 葛城市は「日本書紀」に記される力自慢「当麻蹶速」の出身地。天皇の前で力比べをしたのが相撲の起源とされ、相撲の歴史や資料を紹介する同館は1990年にオープンした。

 特別展示では、徳勝龍が2009年に「青木誠」の本名で初めて載った番付表や新弟子時代の名鑑、新入幕した際の直筆サイン入り雑誌などが並ぶ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る