スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

ヤクルトの寺原と三輪が現役引退

球団が発表

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球団を通じてコメントした。

 寺原は宮崎・日南学園高から2002年にドラフト1巡目でダイエー(現ソフトバンク)に入団。横浜(現DeNA)、オリックスを経て13年にソフトバンクに復帰し、今季からヤクルトでプレーしていた。

 三輪は山口・下関中央工高から山口産業を経て、08年に独立リーグ、四国アイランドリーグの香川から大学生・社会人ドラフト6巡目で入団した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る