スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

世界レスリング、25歳太田が金

20歳小川は銅、奈良は敗復へ

 【ヌルスルタン(カザフスタン)共同】東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権第2日は15日、カザフスタンのヌルスルタンで男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級では、2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダリストで63キロ級に出場した25歳の太田忍が決勝で昨年王者のステパン・マリャニャン(ロシア)を破り、金メダルを獲得した。

 55キロ級で20歳の小川翔太は3位決定戦で中国選手にテクニカルフォール勝ちし、銅メダル。

 五輪実施階級で97キロ級の奈良勇太は昨年王者のムサ・エフロエフ(ロシア)に3回戦でフォール負けした。16日の敗者復活戦に回った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る