Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

桐生祥秀が10秒10で優勝

陸上アジア選手権

 【ドーハ共同】陸上のアジア選手権第2日は22日、ドーハで行われ、男子100mで桐生祥秀が追い風1・5mの決勝を10秒10で制した。日本人ではこの種目初優勝で、今大会初の金メダル。準決勝を10秒18で通過した山県亮太は右太もも裏の違和感のため決勝を棄権した。

 女子走り幅跳びの高良彩花は6m16で銀メダルを獲得。同ハンマー投げの渡辺茜は63m54、男子やり投げの新井涼平は81m93で3位に入った。

 女子400m障害の宇都宮絵莉は57秒38で4位。男子400mのウォルシュ・ジュリアンと同400m障害の安部孝駿は5位、同三段跳びの山本凌雅は7位だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る