国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

コロナ直撃、日本の景気後退

政府の月例報告「厳しい状況」

 政府は26日発表した3月の月例経済報告で、国内景気の判断を3カ月ぶりに引き下げ「新型コロナ感染症の影響により、足元で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」とした。2013年7月から使われてきた「回復」の文言が6年9カ月ぶりに消えた。12年12月の第2次安倍政権発足以降続いてきた景気拡大期が既に終了し、日本経済が景気後退期入りしているのは確実な情勢となった。

 東京五輪・パラリンピックの延期も重なり、個人消費や観光業の落ち込みは当面続く見通しだ。政府は4月上旬にも事業規模で30兆円超の緊急経済対策を打ち出す方針だが、景気浮揚につながるかどうかは未知数だ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る