国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

自民、改憲案「国会発議へ尽力」

20年運動方針案に明記

 自民党の2020年運動方針の原案が18日、判明した。憲法改正について「改正原案の国会発議に向けた環境を整えるべく力を尽くす」と党の決意を鮮明にした。前提として「国民が判断する材料を示すのは政治の責務だ」とも強調した。憲法を独立した章として前面に打ち出したのは、12年12月の第2次安倍政権発足後、初めて。

 党の運動方針案起草委員長を務める山口泰明組織運動本部長が14日、安倍晋三首相と官邸で会談し、調整を図った。党内の了承手続きを経て、3月8日に予定する党大会で採択する。

 19年運動方針では前文に簡潔な記述をするのにとどめたが、位置付けを一転させた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 10時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る