国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東北3県の台風19号被害発表

合同調査団の研究者ら

 東北地方などの研究者でつくる台風19号被害の合同調査団は14日、東北学院大(仙台市)で、岩手、宮城、福島3県の現地調査結果を発表した。上流で氾濫した水が、宅地や農地を通って下流で再び川に流れ込んで堤防を削り、決壊につながった事例が報告された。

 福島県須賀川市では、阿武隈川からあふれた水が、下流の遊水地付近に集中。堤防を越えて川に流入し、決壊につながったという。宮城県丸森町でも同様の事例があったとしている。

 団長を務める東北大の田中仁教授(水工学)は「宅地や農地側から川に越水することも考慮して、堤防をつくることが必要だ」と指摘した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る