国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

スパコン前社長に懲役8年求刑

国の助成金詐欺

 スーパーコンピューターの開発を巡り国の助成金をだまし取ったとして、詐欺などの罪に問われたスパコン開発会社「ペジーコンピューティング」(東京)の前社長斉藤元章被告(51)の公判が3日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役8年を求刑した。来年1月14日に弁護側が最終弁論して結審する予定。

 検察側は論告で「負債の返済や会社の資金繰りのために助成金制度を悪用した利己的な犯行」と指摘。「公的な性質がある助成金を私物化した極めて悪質な事案で、制度の趣旨や目的をないがしろにした」と述べた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 20時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る