国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東海道新幹線で新たな大雪対策

JR東海、運転台カメラで監視

 JR東海は20日、大雪による東海道新幹線のダイヤの遅れや車両への影響を少なくしようと、今冬から新たに運転台や車両床下にカメラを設置し、指令所でリアルタイムに降雪の状況を把握できる仕組みを導入すると発表した。これまでは運転士から「地面がほぼ見えない」などと口頭で伝えられた内容を指令所で協議し、徐行運転が必要かどうか決定していた。

 JR東海によると、運転台のカメラは年内に50編成に入る。運転台前方の画像が直接、指令所に入ることで、従来より迅速な判断につなげる。

 また今回は4編成の床下にカメラを置き、気象条件や実際に雪が床下につく状況のデータを分析する。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る