国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

南極オゾンホールが最小規模に

気象庁「特異な気象が要因」

 気象庁は20日、南極上空のオゾンの量が極端に少なくなる「オゾンホール」について、今年最大の面積は9月7日の約1100万平方キロだったと発表した。南極大陸の約0・8倍に相当し、大規模なオゾンホールが出現するようになった1990年以降、最大面積としては最も小さくなった。

 気象庁によると、オゾンホールは例年8~9月に発生、11~12月に消滅する。南極上空の気温が高くオゾン層破壊を促進する特殊な雲ができにくかったため、拡大が抑えられた。

 気象庁は「今年の縮小は特異な気象状況が主な要因だ。オゾンを破壊するフロンなどの濃度は依然として高い状態」としている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る