国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

世界の海保トップが議論

東京で2度目の開催

 世界各国の海上保安機関のトップが集まり、海洋汚染や自然災害、犯罪などへの対処法を探る国際会合が20日、東京都内で始まった。海上保安庁と日本財団が主催し、2017年9月以来、2度目の開催。21日までの日程で、米国の沿岸警備隊や韓国海洋警察庁、中国海警局、国際海事機関(IMO)などが参加、海洋を巡る問題を幅広く議論するのが目的だ。

 開会式で、海保の岩並秀一長官は「災害の大規模化や海上の不法行為の複雑化で、一国や地域の枠組みでは限界がある」などとあいさつ。赤羽一嘉国土交通相は「グローバルな脅威が高まっており、実践的な活動が促進されることを願う」と述べた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る