国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

原発被災地の物流再生、福島

共同配送を国が支援

 政府は東京電力福島第1原発事故からの復興に向け、福島県沿岸部で事業を再開、創業する地元中小企業を物流面でバックアップする。各社を巡回して仕入れ商品や原材料を届ける共同配送便を、2020年度にも本格的に実現させるため財政支援する。

 原発事故被災地では帰還困難区域を抱える町村を中心に、宅配便を除き企業間物流の定期的なルートが途絶えている。地元の運送会社は休業や廃業を余儀なくされ、大手物流業者も採算面からルート設定を見合わせている。近年のドライバー不足も背景にある。

 そこで浪江町では9月から、建設業者など約10社を対象とした共同配送を試験的に実施している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る