国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

和牛の遺伝子流出、大筋認める

元牧場経営者、即日結審

 和牛の受精卵と精液が不正に中国に持ち出された事件で、家畜伝染病予防法違反ほう助などの罪に問われた流出元とされる徳島県吉野川市の元牧場経営松平哲幸被告(70)は13日、大阪地裁(増田啓祐裁判長)での初公判で起訴内容を大筋で認めた。検察側は懲役1年2月、追徴金473万円を求刑し、即日結審。判決は12月25日。

 検察側は冒頭陳述で「被告が受精卵などの販売の際、中国・上海行きフェリーで輸出されることを把握していた」と主張。弁護側は「(不正輸出されるかもしれないという)未必的な故意は認める」とし、家畜人工授精師免許の取り消しを徳島県に申請したことを明らかにした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る