国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東証、午前終値は2万3303円

売り優勢で200円超下落

 13日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。前日に約1年1カ月ぶりの高値水準に達した反動で、割高感が意識され、売り注文が優勢になった。一時200円超下落した。

 午前終値は前日終値比216円88銭安の2万3303円13銭。東証株価指数(TOPIX)も8・49ポイント安の1701・18。TOPIXは前日終値まで6営業日連続で年初来高値を更新していたが、13日はさえない動きとなった。

 2019年9月中間決算は製造業を中心に減益が目立っている。業績と比べて株価が高くなり過ぎたとの警戒感を背景に、ひとまず利益を確定する売りが広がった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る