国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

福岡のゴール下敷き死、市を提訴

大川、小4男児犠牲

 福岡県大川市立川口小学校で2017年、4年梅崎晴翔君=当時(10)=が倒れた小型ゴールの下敷きになり死亡した事故で、遺族が13日、安全管理を怠ったとして市に約4300万円の損害賠償を求め、福岡地裁柳川支部に提訴した。

 遺族側は、学校がゴールポストを固定せず、月1回実施することになっていた安全点検も16年11月以降行っていなかったとして、管理に問題があったと主張。事故後の市の調査も、なぜ点検されなかったかなどが明らかでなく不十分だと指摘している。

 梅崎君は17年1月、サッカーの授業中、ゴール上のネットにぶら下がり落下した直後、倒れたゴールに挟まれ死亡した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る