国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

探査最遠の天体「アロコス」に

NASAが正式名称決定

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は12日、無人探査機ニューホライズンズが1月に接近した天体の正式名称を「アロコス」に決めたと発表した。人類の探査機が訪れた中では最も遠いもので、天空を意味する米先住民の言葉にちなむという。

 チームはこれまで「ウルティマトゥーレ」という愛称で呼んでいた。

 ニューホライズンズは1月、冥王星の先にあり、地球から65億キロ以上離れたアロコスに接近。長さ約30キロで、パンケーキが二つくっついたような姿を撮影した。機体は飛行を続けており、チームは別の天体の探査を検討している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る