国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

北海道、東北で猛吹雪警戒

上空に真冬並み寒気

 北日本(北海道、東北)は14~16日、雪を伴う非常に強い風が吹き、海は大しけになる見込み。気象庁は13日、暴風や高波、大雪や猛吹雪、吹きだまりによる交通障害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、14~15日に前線を伴った低気圧が日本海北部から間宮海峡を急速に発達しながら北上。16日ごろにかけて北日本は冬型の気圧配置が強まりそうだ。14日夜から北日本の上空約1500メートルに平年より10度ほど低い真冬並みの寒気が流れ込むとみられる。

 また北海道の日本海側を中心に14日夜から16日ごろにかけて大雪になる見通し。電線への着雪、雪崩にも注意が必要になる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る