国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

「空飛ぶクルマ」競争激化

IT・家電見本市、各社が展示

 千葉市で18日まで開かれたITや家電の見本市「CEATEC2019」では、多彩な「空飛ぶクルマ」の開発中の機体が展示され、来場者の注目を集めた。各社は、2023年ごろの実用化を目指しており、次世代の輸送手段を巡る開発合戦が激化してきた。

 ドローン開発ベンチャー、エアロネクスト(東京)は「空飛ぶゴンドラ」と名付けた試作機を公開した。人が乗るキャビン部分とプロペラの付いた部分が分かれた構造だ。

 NECも空飛ぶクルマの試作機を展示した。炭素繊維を使って機体を軽量化しており「小惑星探査機『はやぶさ』の開発で培った制御技術なども生かされている」(担当者)という。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る